tour
 

東北大学機関リポジトリ(TOUR)に著作を登録するには

・TOURにコンテンツを登録できるのは、原則として本学の構成員です。

・登録方法は、下記「問合せ・データ送付先」へ学内便でCD-ROM等を送付したり、Eメールで添付ファイルを送付したり、あるいは、図書館からの登録依頼メールに回答するだけです。

・ただし、コンテンツ毎に確認が必要な場合があります。詳しくは下記コンテンツ毎の説明をご参照ください。

・登録後は原則として「誰でも・いつでも・どこからでも・無料で」アクセスできることを意味します。ただし、以下の事項については登録時に選択が可能です。

  ・公開の範囲:「学内」か「学外」(IPアドレスで制限をかけます)

  ・公開の時期:「即時」あるいは「公開希望年月日」が選べます。

  ・公開の可否:ここでは、主として出版社との関係で登録してよいかどうか判断しかねる、といった場合に登録の最終段階で「管理者(=図書館)に委任する」ことができます。委任されたデータに関しては、図書館で登録条件を確認し、そのまま登録するか別バージョンの原稿提供を教員に依頼するかになります。

・詳細は「東北大学機関リポジトリ運用指針」をご参照ください。


・以下、各収録コンテンツについて解説します。

・学術雑誌の出版社方針の調べ方についてはマニュアルpolicy-j.pdfをご覧ください。


学術論文

・学術雑誌等に掲載された論文のことです。

・近年は電子ジャーナルという形でウェブサイトから閲覧できる論文がかなりあります。しかし「すべての資料がすべての研究者に閲覧可能」ではありません。その場合、本学の研究成果であるにも関わらず、自由にアクセスすることができないことになります。
・機関リポジトリは、本学の研究成果を出版社サイトとは別個に保存することで、自由なアクセスを保障します。

・各雑誌に投稿された論文の、各機関リポジトリサイトへの再掲については大部分の出版社がなにがしかの方針を明確にしています。
・例えば、出版社サイトにあるPDF版をそのまま登録することは許可していないが、著者自身が持っている最終原稿は「OK」などです。これは以下のサイトで検索・確認ができます。
  国内)SCPJ:学協会著作権ポリシーデータベース
  国外)SHERPA/RoMEO

・また、このコンテンツについては、大学情報データベースからのデータ提供により、図書館が前述の登録条件について確認後、各教員に論文登録のご確認ご協力をお願いすることがあります。
・各教員のご判断により、リポジトリへの登録に差支えがない、と判断されたものについては随時登録可能です。なお、ここでいう「差支え」とは以下のような状況を想定しています。

  ・当該論文をもとに、さらに発展させた研究を行う予定があるため、広く一般に公開することは避けたい。
  ・当該論文には、今後特許として申請できる見込みのシーズが含まれていると考えられる。現時点では、広く公開はしたくない。
  ・共著で執筆したものだが、他の共同研究者の同意が得られない(登録するには全著作権者の承諾が必要です)。
  ※論文中で使用している他者作成の図表・写真等についてはそれぞれに承諾を受ける必要があります。

・上記のほかにもさまざまな理由はあると思われます。リポジトリは即時登録を強制するものではありません。
・執筆された論文を、「今なら広く公開してもよい」と著作者が判断された時点で登録を考慮していただければ結構です。


博士学位論文

<1.平成25年度以降に学位を授与された方>
原則として、博士学位論文の本文を、東北大学機関リポジトリTOURで公開することとなりました。
データの提出等については、所属研究科の教務担当係までお問合せください。

(参考)
学位規則の一部を改正する省令の施行について(文部科学省)


<2.平成24年度以前に学位を授与された方>

・本学から学位を授与された博士論文で論文博士を含みます。
・これも上記の「学術論文」と同様、登録及び公開には留保が可能ですので、著作者あるいは指導教員のご判断により、登録のタイミングをご検討ください。

・登録依頼時は、CD-ROM等でページ下部の「お問い合わせ先」まで学内便でお送りください。また、附属図書館本館・各分館のカウンターへお持ちよりいただいても結構です。
・その際、「登録依頼書:dr-irai.pdf」、「登録依頼書(博士論文):dr-ron-irai.pdf」にご記入の上同封していただけますようお願いいたします。

・なお、執筆した学生自身が卒業・就職等で大学を離れる場合、登録について指導教員に「委任」しておくことができます。委任された教員は、論文の内容に基づき登録の時期についてご検討ください。
・委任状の書式はinin.pdfです。


博士学位論文の要旨及び審査結果の要旨

・過去に同タイトルで刊行された印刷物を、図書館で一括して電子化し、登録しているものです。


修士論文あるいは修士論文要旨(指導教員等の同意を得たもの)

・基本的には「博士学位論文」と同様ですが、修士の場合は指導教員の同意が必要になります。
・これは、博士論文に比べ、公開の可否についての判断が学生本人には難しい場合があると思われるためです。
・登録を希望される方は、指導教員の署名欄のある「登録依頼書(修士):mr-irai.pdf」の提出が必要です。
・著作権に関する注意は「博士学位論文」と同様です。


シラバス

・検討中です。


授業等で使用した教材(提示・配布資料、動画等含む)

・「最終講義」を実施された教員に対し、授業資料の提供を呼びかけております。
・また、これまでに使用した授業資料についても随時受け付けておりますので、パソコンの整理と合わせてご利用ください。
・ファイルの形式は、PDFが原則ですが、PPT、WORDなどは図書館で変換できますので、そのままお送りいただいても結構です。また、紙でしか残っていないものにつきましても図書館で電子化が可能ですので、「授業名」「実施年度」「教員名」などを明記の上、図書館宛にお送りください。送り先は、一番下の「お問い合わせ先」と同様です。

・なお、著作権上、他者作成の図表・写真類などが含まれる資料につきましては、すべての著作権者の承諾を得た後、リポジトリへの登録をお願いいたします。


紀要類

・印刷物からの電子化は図書館でも可能ですが、登録までに時間がかかります。電子媒体で存在しておりましたらコピーをご提供ください。
・なお、登録には著作権者である各論文の著者ご本人の許諾が必要となります。すでに各部局にてこの処理が終わったものにつきましては随時登録を進めております。

・著作権に関する注意は「学術論文」と同様です。


学術的会議等での発表資料

・査読なしの学術資料になりますが、「学術論文」「学位論文」等と同様にお考えください。


本学所蔵の学術情報資料・特許等

・学術情報資料は「成果」ではありませんが、学術研究に資するものと考えリポジトリに登録しています。
附属図書館所蔵のコレクションのうち、すでに電子化が進んだものを随時追加していきます。


その他、趣旨に合致するもの

・検討中です。


お問合せ・データ送付先:
東北大学機関リポジトリ(TOUR)担当 (附属図書館総務課学術情報基盤係)
E-MAIL:tour[アット]grp.tohoku.ac.jp [アット]を@に置き換えて下さい
TEL:022-795-5925
FAX:022-795-5909
学内便:川A-29 附属図書館総務課学術情報基盤係
住所:〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1
 

お知らせ

[2017/3/27] TOURをリニューアルしました。
 

問い合わせ先

附属図書館総務課学術情報基盤係
tour[アット]grp.tohoku.ac.jp
 

カウンタ

737288